細胞が太っている??

細胞が太っている??

脂肪の細胞は、細胞自体が太っているんだとか!?この噂が都市伝説では終わっていないところが、悲しい現実です。
脂肪細胞は、子供の頃にある程度の数は決まるそうです。それ以降、太るか太らないかは、この脂肪細胞が大きいか小さいかで決まります。脂肪細胞というのは、よくできた細胞ですので、自分の細胞の中に脂肪を蓄える特技があり、だからこそ人は太ったり痩せたりを繰り返すことが出来ます。しかしこの脂肪というのは、どうして体に悪いのでしょうか。
脂肪には二種類ありまして、皮下脂肪と内臓脂肪とあり、内臓脂肪の方がより体に悪影響を及ぼすとされています。内臓脂肪が増えると、体内で悪玉ホルモンが多く分泌されます。悪玉ホルモンは、その名の通り悪役ですので、体内に悪い影響が出てくることになります。高血圧や高血糖が起これば、更に悪い病気を引き起こすことになり、結果、健康が害される、というわけになります。このように、美容という面だけでなく脂肪は健康に直結する為、年を重ねれば重ねるほど、私達にとって肥満というのはとても重要な問題となっています。だからこそ!今年(まで)の脂肪は、できるだけ今年中に!エステの力を借りてキレイにしておきたいものです!